VLFアンテナで標準時刻電波受信

先日から標準時刻電波40kHzをSDRで受信する実験をしています。

先日、受信アンテナを製作しました。

 

このアンテナでも受信は出来たのですが、さらにアルミホイルで静電シールドして、SNを高めました。

f:id:ntaka206:20191016124705j:plain

 

さらに、アンテナと並列にコンデンサを入れて40kHz付近で同調を取り、ゲイン100倍のアンプで増幅したものをSDR(Redpitaya)に入れて、スペクトラムを見ました。

 

f:id:ntaka206:20191016130223p:plain

 

ちょうど真ん中の40kHzに強い信号が有りますので、標準時刻電波が受信できているようです。

 

 

 

 

2モード周波数対応の2CH電場観測装置(ELOG-DUAL)を開発しました

f:id:ntaka206:20191003122922j:plain

ELOG-DUAL 2モード周波数対応の2CH電場観測装置

当社の従来の電場観測装置のサンプル周波数は2種類ありました。

ELOG1K 1024/32Hz ADU型

ELOG1K-PHX/ELOG-PHX 2400/150/15Hz PHX型

この製品は、この2種類のサンプル周波数を1台で測定できます。一度に選択出来るのはどちらかのモードのみです。

ADU mode: 1024/32Hz

PHX mode: 2400/150/15Hz

従来の製品と同様に低消費電力・小型軽量・GPS時計による正確なタイムスタンプ付きです。

電場観測装置 ELOG-DUAL

 

富山で観測してます



f:id:ntaka206:20190901124012j:image

一昨日から京大防災研Y先生の観測に参加させてもらっています。
本日も富山県の山奥で観測点設置をしています。


f:id:ntaka206:20190901123923j:image


ちょっとだけ、センサーを入れる縦穴を堀るお手伝いをしました。


f:id:ntaka206:20190901123241j:image

 

新型のMT観測装置ELOG-MTにインダクションセンサーをつなげてテストをします。

 

 


 

ニュースレター1号を発行しました

f:id:ntaka206:20181030183717j:plain

NTシステムデザイン ニュースレター1号を発行し、お客様や関係する方々に郵送しました。

もし、送られてきてないけれど読みたいという方がいらっしゃいましたらお知らせ下さい。一応ですが、配布対象は当社のお客様や関係している方限定となっております。

 

興味の赴くままに

f:id:ntaka206:20180731164642j:plain

もともとマイコンプログラミングは好きなのですが、最近はこういう技術系の雑誌を情報収集のために読まなきゃと感じて、かえって手に取りづらくなってました。
本屋で立ち読みするように、ただ面白そうと感じながら手に取ると、無心になって読んでいます。
PC88少年だった中学生の時のように、ただ興味の赴くままに行動すると良い感じだと最近思います。
インターフェース最新号のESP32特集、面白いです。特にDeep Sleep ModeとUltra Lowpower Processorが興味深いです。マシン語しか使えないところが、マニア心をくすぐります。

 

2018年夏の在庫品セール

お客様各位
連日暑い日が続きますね。すっかりクーラーの効いた部屋に閉じこもっております。皆様もお体をご自愛下さい。

さて、2018年夏の在庫品セールを行います。
商品の詳細については、お気軽にお問い合わせ下さい。
よろしくお願い申し上げます。

www.nt-sys.jp

新型GPS時計を製品情報に追加

 せっかく製品を開発しても、カタログを作る時間が取れずにそのままになっているものが色々あるのですが、弊社HPに少しずつ追加していきます。

 

f:id:ntaka206:20180227115010j:plain

 

 今回は新型のGPS時計です。昔のGPS時計はGPS衛星しか使っていなかったのですが、最近のGPSモジュールは複数のGNSSを使うようになっています。それにより短時間で時刻Fixしますし、1PPSの時刻精度も劣化しづらくなっています。

 

 この製品でも、複数のGNSS(GPS/GLONASS/QZSS(準天頂衛星))を受信しています。観測所などの室内に置く用途ですが、消費電力が少ない(12V 30mA以下)のでフィールドでのバッテリ動作も可能です。出力データフォーマットや筐体などのカスタマイズをお受け致します。

 

www.nt-sys.jp