読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

製品紹介 VLF電波観測装置

 現在HP更新作業中のため、製品カタログをupすることが出来ませんのでblog記事として書かせて頂きます。この製品はお客様と観測と同時に開発を進めており、現在も発展途上なので発注を受けたらすぐに納品というものではありませんが、こんな製品も作っていますという紹介です。

 簡単に言ってしまうと、100MHzサンプルの6CH 12bit ADです。観測対象はVLF帯の電波でセンサーとしてインダクションコイルを使います。現在はお客様の方で電場アンテナも試作されている所です。地震に先行して生じると想定されているパルス状の電磁波信号を捉えることが目的です。あくまで研究中ですので、この装置ですぐに地震予知が出来るわけではありません。

 AD変換したデータに内蔵のGPS時計の時刻を付与して、データ保存用のPCにファイル保存します。AD変換器の制御はFPGAで行い、FPGAに内蔵したARM CPUでLinuxが動いています。ARM Linux上でAD変換データの処理とデータ保存用PCへの転送(専用線LAN経由)を行なっています。

f:id:ntaka206:20161012134145p:plain

 

f:id:ntaka206:20161012134149p:plain

f:id:ntaka206:20161012134154p:plain

 

焼岳集中観測に参加して来ました

先週、北アルプスの焼岳集中観測に1日だけ参加してきました。焼岳は上高地からも見える活火山です。

京都大学北海道大学の先生方、職員さん、学生さんと一緒に焼岳で観測機器の設置をしてきました。というよりは、ほぼ見学なんですが。自社の製品が使われている現場を体験して来ました。設置した製品は、先日blogでも紹介したこれです。

ntaka206.hatenablog.jp

MT法と言って、磁場変化と地面の電圧変化を調べることで焼岳内部の温度分布を調べます。

 

既に中の湯側からの登山道を半分くらい登った所です。これより前に、当社の測器ではないですが磁場と電場を計測する観測点の設置がありました。これから登る焼岳をバックにして撮影。

f:id:ntaka206:20160901125445j:plain

 

高山植物も色々ありました。これは花のように見えますが中身が詰まっているので実のようです。

f:id:ntaka206:20160901135022j:plain

 

ほぼ山頂近くの設置点まで登りました。同じ集中観測の別の観測機器を運ぶヘリコプターが何回も荷揚げをしていました。

f:id:ntaka206:20160901143113j:plain

 

設置作業でメジャーを引っ張って電極を埋める位置を決めています。写っているのは、今回とてもお世話になった京都大学のY先生です。

 

f:id:ntaka206:20160901143613j:plain

 

これが地面の電圧を測るための電極です。テスターのプローブと同じ働きをします。穴を掘って水で湿らせてから埋めます。ちなみに電極は当社の製品ではありません。

f:id:ntaka206:20160901143825j:plain

 

我社の製品(ELOG1K 1KHz電場観測装置)です。

f:id:ntaka206:20160901145527j:plain

 

GPSによる時刻合わせが終了して測定を始めました。一安心です。

f:id:ntaka206:20160901151426j:plain

 

現場で頑張る我が製品と共に。

f:id:ntaka206:20160901151514j:plain

 

設置を行なった観測点よりも上に来ました。この谷を登って来ました。

f:id:ntaka206:20160901153627j:plain

 

ほぼ山頂付近からの眺め。穂高岳とカール、右下に上高地を望みます。左側には西穂高ロープウェイの駅も見えます。

f:id:ntaka206:20160901153818j:plain

 

火口湖が見えました。

f:id:ntaka206:20160901152803j:plain

 

ここから、3時間程度かけて登山口まで降りました。下りでは膝がやられるのでサポーターを装着してダブルポールで降りました。そのお陰か、翌日は一応歩ける状態でした。ちょっと階段がきつかったですが。

自社の観測機器が現場で使われている様を見ることが出来て大変有意義でした。京都大学のY先生、北海道大学のH先生、ありがとうございました。

 

データ転送装置(ELOG1K-NET)のご紹介

 台風のせいで出張がキャンセルになり時間が出来たので、製品の紹介をする時間がとれました。現在HP更新が出来ないので、こちらに製品のカタログ画像をupします。

 フィールドで使う観測装置(1KHz電場観測装置 ELOG1K)に追加して使うデータ転送装置(ELOG1K-NET)です。観測装置(ELOG1K)は火山などのフィールドで使う地電位差測定装置です。この装置は軽量・低消費電力の使えるやつなのですが、観測データを取りに行くには装置のところまで行く必要があります。火山など山の中に設置するものなので、携帯電話回線でデータを得る事が出来ればデータを準リアルタイムに得ることが出来て便利です。山に何度も登らなくてもいいですし。

データ転送装置の概要 

 本器内蔵のCPUボードはLinuxが動いています。データ転送には3G回線を使い、3Gモジュールの電源は必要なときだけONします。またシステム全体も必要なときのみ自動的にONになりますので非常に低消費電力のシステムです。通信用のSIMはOCNモバイルONEなので入手が用意です。

ここが特徴的(というか自慢)

 1KHz電場観測装置(ELOG1K)からデータを得る手段としてFlashAirを使っています。これにより本器とELOG1K間にケーブルを配線する必要がありません。またELOG1Kと本器の組み合わせを変える時も、ELOG1KのFlashAirを交換するだけで済みます。

SDカードにデータを記録する装置ならば、別の観測装置にも対応が出来ます。もちろん本器の内蔵ソフトの開発と変更が必要ですが。

 

 基本的に1ロット3台以上となっていますが、ご相談に応じます。この装置を応用した機器の開発も相談に応じます。フィールドでのデータ転送にお悩みの研究者の方、お問い合わせ下さい。

f:id:ntaka206:20160822095234p:plain

f:id:ntaka206:20160822095241p:plain

 

Arduino Shield基板で使える足の長いピンソケットを見つけた

ArduinoでShield基板をスタックする時にピンソケットの足が短すぎて、スタックした上の基板に下側基板の部品があたってしまう問題があります。

足の長いピンソケットを使えば良いのですが、意外と入手が難しいのです。

過去にこんなエントリも書いています。

Arduinoのスタッキングした基板間隔を15mmにするには? - My life is programming

 

最近aitendo店舗に行った時に、それを解決する足の長いピンソケットを見つけました!

www.aitendo.com

残念ながら2016/7/15現在、8Pが品切れで6Pも残り僅かですが。

 

aitendoのピンソケット(左)と秋月のピンソケット(右)を並べてみました。

aitendoの方がピンが約4mm長いです。

 

f:id:ntaka206:20160715092817j:plain

同じShield基板に足の長いものと短いものを実装して比較しました。

左がaitendoのピンソケットを実装した状態で、右が秋月のピンソケットです。

f:id:ntaka206:20160715091357j:plain

 

aitendoピンソケットを付けたShiled基板をスタックしてみました。

下側の基板はSeeed StudioのStalker V3です。XBeeオンボードで付くのですが、秋月ピンソケットではShiledをスタックするとXBeeにぶつかってしまっていました。写真のようにaitendoのソケットピンをつけると十分余裕があります。

 

f:id:ntaka206:20160715091400j:plain

これだけ足が長ければもう、上の基板が下の基板の部品にぶつかることはありません。

 

深海観測用小型ロガーを開発しました

深海観測で小型磁力計に取り付けて使用する、小型低消費電力のロガー基板を開発しました。

磁力計からのアナログ信号3CHを24bit AD変換して1HzサンプルでmicroSDに記録します。同時にオンボードの加速度計(10bit)3CHのデータも記録しますので、曳航体に取り付けた時などに姿勢を知る事が出来ます。

消費電流は、測定中の平均で約4.5mA@3.8Vとなっており長時間のバッテリー駆動を実現できます。

 

2015年の初めから開発を始めて、途中実海域での試験観測も成功し、つい先日各種改良を終えて開発が一区切りつきました。

各種カスタマイズにも対応いたしますのでお問い合わせ下さい。

f:id:ntaka206:20160712202900p:plain

 

 

 

テレメータ開発について講演しました

6/17にCQ出版社主催の『ARMマイコン・ワークショップ2016』というイベントで
3G通信で低消費電力を実現するテレメータの開発
―― mbedボードで,使える製品にするための勘所
という題目で講演をさせて頂きました。

講演の詳細はこちら
http://it.cqpub.co.jp/tse/201606ARM/?NV=TS#C-04

大勢の聴衆の前で話すのは、学生の時以来でしたのでうまく行くかを心配しましたが、なんとか形にはなったようです。
実践的とはいえマニアックな内容だったので聴講者の反応を心配しましたが、講演終了後に6名程度の方が私の方まで来てくださいました。結構うれしいものですね。

写真は公演終了後の私です。疲れた顔をしてますね〜。

使用したスライドを3枚ほど。


KY-Logger電池駆動4ヶ月を達成

気象観測ロガーKY-Loggerが実際にどれくらいの期間電池で動くのかを確かめねばと思い実験しました。
結果として1分計測で単3アルカリ電池3本で4ヶ月の駆動が出来ました。
電池の容量と消費電力からの計算では3ヶ月程度だったのですが。
次は毎秒計測でも実験したいと思います。