東大海洋研で古地磁気の測定器にシビレるPart1

柏にある東大海洋研のYさん所属の研究室にお邪魔しました。 岩石の磁化を測定する測定器を見せて頂きました。 見せてい頂いた岩石の持つ磁化(=磁石)を測る装置です。 少し詳しい解説も書こうとしていて書きかけなのですが、脳力が足らず書けないかもしれない…

ELOG-MTで磁場の脈動を観測しました

先日、跡津川断層の周辺の野外調査に参加させて頂きました。 ntaka206.hatenablog.jp その調査にて、当社製のMT観測装置ELOG-MT(電場2CH 磁場3CH)に P社のインダクションセンサーをELOG-MTに接続し三成分磁場を測定しました。その測定データ中にいくつか磁場…

学会発表で当社製電場測定器の貢献を評価して頂きました

地球電磁気・地球惑星圏学会の発表を聞きに熊本に来ております。 九州大学のA先生の発表で、当社の電場観測装置ELOG1K(2CH 1024Hz)が九州全域のMT観測に貢献していると言及して頂きました。 MT観測とは地表の電場と磁場を観測して、その比を取ることで地下の…

VLFアンテナで標準時刻電波受信

先日から標準時刻電波40kHzをSDRで受信する実験をしています。 先日、受信アンテナを製作しました。 このアンテナでも受信は出来たのですが、さらにアルミホイルで静電シールドして、SNを高めました。 さらに、アンテナと並列にコンデンサを入れて40kHz付近…

2モード周波数対応の2CH電場観測装置(ELOG-DUAL)を開発しました

ELOG-DUAL 2モード周波数対応の2CH電場観測装置 当社の従来の電場観測装置のサンプル周波数は2種類ありました。 ELOG1K 1024/32Hz ADU型 ELOG1K-PHX/ELOG-PHX 2400/150/15Hz PHX型 この製品は、この2種類のサンプル周波数を1台で測定できます。一度に選択出…

富山で観測してます

一昨日から京大防災研Y先生の観測に参加させてもらっています。本日も富山県の山奥で観測点設置をしています。 ちょっとだけ、センサーを入れる縦穴を堀るお手伝いをしました。 新型のMT観測装置ELOG-MTにインダクションセンサーをつなげてテストをします。

ニュースレター1号を発行しました

NTシステムデザイン ニュースレター1号を発行し、お客様や関係する方々に郵送しました。 もし、送られてきてないけれど読みたいという方がいらっしゃいましたらお知らせ下さい。一応ですが、配布対象は当社のお客様や関係している方限定となっております。

興味の赴くままに

もともとマイコンプログラミングは好きなのですが、最近はこういう技術系の雑誌を情報収集のために読まなきゃと感じて、かえって手に取りづらくなってました。本屋で立ち読みするように、ただ面白そうと感じながら手に取ると、無心になって読んでいます。PC8…

2018年夏の在庫品セール

お客様各位連日暑い日が続きますね。すっかりクーラーの効いた部屋に閉じこもっております。皆様もお体をご自愛下さい。 さて、2018年夏の在庫品セールを行います。商品の詳細については、お気軽にお問い合わせ下さい。よろしくお願い申し上げます。 www.nt-…

新型GPS時計を製品情報に追加

せっかく製品を開発しても、カタログを作る時間が取れずにそのままになっているものが色々あるのですが、弊社HPに少しずつ追加していきます。 今回は新型のGPS時計です。昔のGPS時計はGPS衛星しか使っていなかったのですが、最近のGPSモジュールは複数のGNSS…

霧島の硫黄山で当社の伝送装置が活躍中

先日噴火をした霧島の硫黄山で火口から500m付近に置かれている当社のデータ伝送装置が、噴火直後の貴重な電磁気の観測データを伝送して役立ったそうです。とてもうれしいです。 九州大学のお客様から、設置点の写真をいただきました。ちなみに太陽電池パネル…

mbed MAX32630FTHRのGPIOを3.3Vレベルでパタパタする

技術的なメモ書きです。MAXIMのMAX32630FTHRはmbed環境で使えてCPU内蔵のSRAMが512kBもあるボードです。このソースはGPIOを3.3Vレベルでパタパタするだけなんですが、意外と情報が少ないので最初のとっかかりとしては役に立つかもしれないと思いpostします。…

新しいGPS時計用の基板を開発

新しいGPS時計用の基板を開発しました。 たまにGPS時計製造の問い合わせがありますし、今回1台の製造を受注しました。 NMEA出力の製品を作ったことはあるのですが、今回製作する新型のGPS時計はシリアル出力がカスタムフォーマットの製品です。 新たに加わっ…

CA研究会で当社製品について発表して頂きました

東大地震研で行われた2018年のCA研究会にお邪魔しました。 そこで当社の電場観測ロガーELOG1K-PHXについてポスター発表して頂きました。 京大の吉村先生ありがとうございます。 ELOG1K-PHXは、1kHz電場観測装置ELOG1Kのサンプル周波数を15/150/2400Hzに変更…

2017年振り返り

新年明けましておめでとうございます。 本年もご愛顧の程をよろしくお願い申し上げます。 あれ?2017年はいったい何をやって来たんだっけ?と思いましたので、昨年2017年を振り返ってみました。 1月 CA研究会@京都大学宇治キャンパスに参加 納品 VLF帯パル…

アンテナ用サージアブソーバを改造して強化する

GPSアンテナケーブルに生じる雷サージでGPS受信モジュールが壊れるので、アリババでサージアブソーバを購入して使っています。 しかし、GDT(ガス放電管)なのでサージがかかった時の作動電圧が90Vです。そのままではやはりGPSモジュールが壊れてしまいます。 …

Raspberry PiでDS3231 RTCを正しく動かす

技術メモ **** RaspberryPiでDS3231 RTCを正しく動かすために行なったことのまとめ ****●ネタ元Adding a DS3231 Real Time Clock to the Raspberry Pi 3 | trick77.comhttps://trick77.com/adding-ds3231-real-time-clock-raspberry-pi-3/●config.txt 追加し…

技術書典2で購入した同人誌の感想 その2

技術書典2(@秋葉原UDX)で仕入れた技術系同人誌の感想、その2です。 Linuxカーネルモジュール自作入門 PDF版 カーネルモジュールにはいつも苦労させられているので情報としてありがたい。 Marmalade増刊 ステップアップのための表面実装活用術 チップ部品の手…

技術書典2で購入した同人誌の感想 その1

先日、雨の中、子連れで行ってきた技術書典2(@秋葉原UDX)で仕入れた技術系同人誌の感想をいくつか書いてみます。 techbookfest.org 情報ガール 数学ガールへのオマージュだそうです。ブール演算と集合演算が同じ(同型)であることを知った。ブール演算の奥深…

2016年度内の最終納品をしました

写真は創業時にお世話になった多摩市の施設にて。 当社のお客様は、国立の研究機関や大学なので4月からが新年度となります。 その2016年度内の最後の納品を終えました。 しかし、修理などやらねばならないことが残っています。 やりたいことでやっていないこ…

ラズパイを使ったシリアルデータロガー

シリアルデータロガーの出荷作業中です。 ラズパイ2のシリアル入力(1CH)から受信したデータをファイルに記録するロガーです。 伸びているケーブルでRS232レベルのシリアルを3.3Vに変換してラズパイに入れています。 pythonのソースは公開されていますのでユ…

新型気象観測シールド基板KY-ShieldRevCのソフトを開発中

中国メーカーに部品実装までの製造を頼んでいた、KY-ShiledRevC基板が昨日入荷しました。 気圧センサーをBMP180からBMP280に変更しています。 このセンサー、型番が似ていますが中身はガラリと変わっているので、ソフトを作り変える必要があり作業しています…

京都にてCA研究会に参加させて頂きました

CAとは、Conductivity Anomalyの略です。地上で磁場と電場を観測することで、地下深く(数10km)の様子を探る方法です。 昨年夏に一日だけ参加させて頂いた焼岳の観測データから、良い結果が出ていたので嬉しかったです。 同じく観測に参加させて頂いた、熊本…

九州火山紀行 阿蘇編

九州火山紀行の最終日は阿蘇山に向かいました。 カルデラ縁の展望台にあった、阿蘇全体の俯瞰図です。阿蘇カルデラの全貌が良く分かります。 有名らしい?展望台である大観峰に来てみました。 カルデラの縁からカルデラ内を望みます。残念ながら中心の中央火…

九州火山紀行 熊本MT観測編

火山紀行と言っても、今回は火山の観測というわけではないです。フィールドでの観測機器設置に参加して来ました。熊本のある地域にメッシュを切り、磁場と電場を測る観測装置を置いていき数週間程度観測します。その設置作業に1日だけ参加させて頂きました。…

九州火山紀行 霧島編

桜島の後、霧島の温泉宿に一泊して朝早めに発ちました。 霧島火山に向かって車を走らせていると、対向車線の真ん中になにやらバルーンぽいものが、、、、。 この写真は道路の端に移動させてから撮ったものです。 なんと!気象観測のラジオゾンデです。ラッキ…

九州火山紀行 桜島編

9月の終わりに熊本でのMT観測(電磁気観測)に参加してきました。 せっかくの九州行きなので鹿児島空港から入り桜島火山、霧島火山を周り、熊本で観測に参加してから阿蘇火山を見てきました。 自分の製品(ELOG1K 1kHz電場観測装置)が九州の火山観測に使われて…

製品紹介 VLF電波観測装置

現在HP更新作業中のため、製品カタログをupすることが出来ませんのでblog記事として書かせて頂きます。この製品はお客様と観測と同時に開発を進めており、現在も発展途上なので発注を受けたらすぐに納品というものではありませんが、こんな製品も作っていま…

焼岳集中観測に参加して来ました

先週、北アルプスの焼岳集中観測に1日だけ参加してきました。焼岳は上高地からも見える活火山です。 京都大学と北海道大学の先生方、職員さん、学生さんと一緒に焼岳で観測機器の設置をしてきました。というよりは、ほぼ見学なんですが。自社の製品が使われ…

データ転送装置(ELOG1K-NET)のご紹介

台風のせいで出張がキャンセルになり時間が出来たので、製品の紹介をする時間がとれました。現在HP更新が出来ないので、こちらに製品のカタログ画像をupします。 フィールドで使う観測装置(1KHz電場観測装置 ELOG1K)に追加して使うデータ転送装置(ELOG1K-NET…