読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VSAT

VSATという比較的安価な衛星通信がある。
Ethernetを介して遠隔地とネットワークを組むことが出来る。
遠隔地のPCと同じLAN上につながることが出来るので便利である。
今日はその60cmパラボラアンテナ(アメリカ製)と格闘した。
パラボラアンテナの焦点位置に受信器をパイプで支持して付けるのだが、
そのパイプがアンテナの取付穴に奥まで入らない。
しょうがないのでパイプをヤスリでだいぶ削った。
やっとパイプが奥まで入ったと思ったら、今度はパイプを止めるネジが通らない。
パイプをM6のタッピングネジでアンテナ(FRP製)に固定するのだが、
アンテナのねじ穴とパイプの穴が合わない。
アメリカ人は力任せに組み立ててしまうのかもしれないが、私にはそんな馬鹿力ないよ!
VSATの室内ユニット(IDU)はイスラエル製で、アンテナに付く受信器(ODU)日本製(JRC)である。
どうせならば、アンテナも日本製にして作りやすくしてくれ(>_<)
やっぱりMADE IN USAはいい加減である。