読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

記憶

家の近くの建物が壊される
ファインフォーラムという公共の建物で、図書館・レストラン・リサイクルショップ等が入っていた。
木造のおしゃれな造りで、レストランでよく食事をしたのを思い出す。
この建物が無くなったら、それは記憶の中にだけ存在するようになる。
しかし、それは完全ではない。完全な状態では記憶されない。
細部はぼやけている。
人も同じだ、亡くなった人は記憶の中に生きる。やはり完全な姿ではない。
思い出す人がいなくなったら、本当に存在が無くなってしまうのだろうか。