回線乗り換え時には無線LANに注意

Bフレッツに乗り換えたお客様のサポートで、今まで使えていた無線LANが使えなくなったとのこと。

最近のBフレッツには、RV-230というVDSLモデムとルーターが一体化したものを使うようです。

しかし、乗り換えの場合だと前から使っているルータがあります。

そのルーター無線LAN機能がついていると、Bフレッツルーターに切り替えることで使えなくなってしまいます。

無線LANルーターの設定を変えてルーター機能を停止して、ブリッジ接続にすればよいのですが、それなりの知識がないとお客様には難しいです。

NTTの工事の人は支給したルーターで通信が出来ればOKとして、今まで使っていた機器の設定まではしてくれません。

ですから、回線を乗り換える方で無線LAN付きルーターを使っている方は要注意ですね。