読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

坂村健教授の指摘

日記

毎日新聞TRONプロジェクトで有名な、坂村健教授のコラムが載っていました。

以下引用

つい最近、ある方から苦笑いと共に「情報化社会」に関する苦情を聞かされた。
自宅のインターネットがうまくつながらなくなり、その復旧でえらく手間取ったという。

要するに、今まで見えていたサイトが見られなくなって、その復旧のために、

サイトの管理会社 −> パソコンメーカー −> プロバイダー −> ルーターのメーカー

のサポート窓口をたらい回しにされたということです。

ここまで、根気よくたらい回しにされるというのも、珍しいかもしれませんが、特別な例というわけでもありませんね。

あなたの周りでも、いや、あなた自身がこのような目に遭っているかもしれませんね。

さて、結局この問題がどうなったかというと...

結局「相性が悪いようです」。
理由は分からずじまいだが、しかたなくルーターを買い換えたらなぜかすんなりつながる。

この場合は解決したから良いですが、これだけの苦労をしても解決しない場合もありますね。