読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前に送信したメール本文を使い回す方法

もう少し詳しく言うと
宛先間違いなどで帰ってきたメールを出し直す時に、文面をもう一度打ち直さずに前のメールからコピーする方法。

難しく言うと
Outlookでメール本文をコピーして新しいメールにペーストする方法。

知っている人には、とっても当たり前の事なんですが、知らない人も意外と多くいらっしゃいます。

先日この方法を電話でお伝えして大変喜ばれたので、もしかしたら他の初心者の方にも喜んで頂けるかもと思い記事にします。


●ここから具体的な操作法です。

あなたは、ある人にOutlookを使ってメールを出したのですが、メールアドレスを間違えて戻ってきてしまいました。

さて、正しいアドレスを入れて送り直したいのですが、メールの本文をもう一度打ち直すのは面倒です。

こんな時に、新しいメールにメールの本文をコピーするにはどうしたらよいのでしょうか?

まず、Outlookの送信済みフォルダをダブルクリックします。

使い回したいメールをクリックしてメール本文を表示させます。

メール本文の所をどこでも良いのでクリックします。

CTRLキーを押しながらAキーを押します。

本文が白抜き文字になる選択された状態になります。

キーから手を離し、次に

CTRLキーを押しながらCキーを押します。

画面上では何も変化が起きませんが、このときにクリップボードという場所に本文の内容がコピーされています。


次に、新規メールを作成するためにメールの作成ボタンを押します。

メッセージの作成というウィンドウが現れます。

メール本文の所をどこでも良いのでクリックします。

CTRLキーを押しながらVキーを押します。

先ほどコピーしたメール本文が表示されます。

今の操作でクリップボードからメールの本文を持ってきたのです。これをペーストすると言います。

宛先と件名を打ち込んだら送信しましょう。

この操作はメールに限らず、ワードやエクセルでも使える操作です。

この操作こそパソコンを使っている大きなメリットの一つです。

紙のように何度も同じ事を書かなくても良いのです、また紙のコピーのように画質が落ちるなんて事もありません。