読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多点観測型ワイヤレス地電位差観測システムを製作しました

製品案内

多点観測型ワイヤレス地電位差観測システム GLOG-2012を製作しました。

  • 24bit AD 2CHの地電位差測定
  • 複数の子機で地電位差を観測し親機に無線送信(ZigBee)
  • 親機は3G通信でデータをクラウドにアップロード
  • 防水型筐体


子機と親機間の無線通信にZigBee(XBee)を使っています。初めて使うので結構手間取りました。

親機は3Gシールドで携帯電話網を使いクラウド(Xively.com)にデータをアップしています。ローカルにデータストレージが必要無いので助かります。ユーザーはクラウドからデータを何時でもGET出来るので便利です。昔はユーザー側が測定器に電話をかけてデータを得ていたので便利になりました。実際にXivelyを使うとデータがどのように見られるかの実例として、当方の放射線観測所があります。

ちなみに、3GシールドはTABrainさんの製品です。これのお陰で3G通信が手軽に行えるようになりました。

これは地電位差を測定する装置ですが、アナログ電圧やシリアルデータを出すセンサーならばカスタマイズにより対応が可能です。


製品案内ページはこちら  多点観測型ワイヤレス地電位差観測システム GLOG-2012