読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Zynq7030のARMにi2cを追加した時のdevice tree設定

組み込み

Zynq内蔵ARMで動くLinuxにi2c0を追加するためのdevice tree設定です。
もちろんXPSでi2c0の追加とその後の回路合成は必要です。

	aliases {
		ethernet0 = "/amba@0/ps7-ethernet@e000b000";
		serial0 = "/amba@0/serial@e0001000";
		serial1 = "/amba@0/serial@e0000000";
		spi0 = "/amba@0/ps7-qspi@e000d000";
		i2c0 = "/amba@0/ps7-i2c@e0004000"; ここを追加
	};
		ps7-i2c@e0004000 {
			compatible = "cdns,i2c-r1p10";
			clocks = <2 38>;
			interrupt-parent = <0x3>;
			interrupts = <0 25 4>;
			reg = <0xE0004000 0x1000>;
			#address-cells = <1>;
			#size-cells = <0>;
		};

Linuxデバイスドライバ追加は必要ありませんでした。