読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

製品紹介 VLF電波観測装置

製品案内

 現在HP更新作業中のため、製品カタログをupすることが出来ませんのでblog記事として書かせて頂きます。この製品はお客様と観測と同時に開発を進めており、現在も発展途上なので発注を受けたらすぐに納品というものではありませんが、こんな製品も作っていますという紹介です。

 簡単に言ってしまうと、100MHzサンプルの6CH 12bit ADです。観測対象はVLF帯の電波でセンサーとしてインダクションコイルを使います。現在はお客様の方で電場アンテナも試作されている所です。地震に先行して生じると想定されているパルス状の電磁波信号を捉えることが目的です。あくまで研究中ですので、この装置ですぐに地震予知が出来るわけではありません。

 AD変換したデータに内蔵のGPS時計の時刻を付与して、データ保存用のPCにファイル保存します。AD変換器の制御はFPGAで行い、FPGAに内蔵したARM CPUでLinuxが動いています。ARM Linux上でAD変換データの処理とデータ保存用PCへの転送(専用線LAN経由)を行なっています。

f:id:ntaka206:20161012134145p:plain

 

f:id:ntaka206:20161012134149p:plain

f:id:ntaka206:20161012134154p:plain