読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州火山紀行 霧島編

桜島の後、霧島の温泉宿に一泊して朝早めに発ちました。

霧島火山に向かって車を走らせていると、対向車線の真ん中になにやらバルーンぽいものが、、、、。

この写真は道路の端に移動させてから撮ったものです。 

f:id:ntaka206:20160928074425j:plain

 

なんと!気象観測のラジオゾンデです。ラッキー 

f:id:ntaka206:20160928074430j:plain

前日夕方に放球したものが夜間のうちに着地したようです。

落ちたのが片側車線の真ん中で、ちょうど車がまたぐ位置だったのでタイヤに踏まれなかったようです。ラッキー!

前からコレ欲しかったんですよね。幸先の良いスタートです。

 

さて高千穂河原に到着です。奥に鳥居が見えます。左手にビジターセンターもありますがまだ開館していません。

f:id:ntaka206:20160928080520j:plain

 

この鳥居の先に霧島神社の古宮址(ふるみやあと)があります。ここから先は聖域ですね。

f:id:ntaka206:20160928081628j:plain

 

霧島神宮は、元はこの場所にあったそうです。13世紀の噴火で被害を受けて麓の方に移転しましたが古宮阯として残っています。この場所では今でも年に1回、天孫降臨の儀式が行われているそうです。 

f:id:ntaka206:20160928082536j:plain

 

周辺には散策路が整備されています。

f:id:ntaka206:20160928084123j:plain

 

坂本龍馬も新婚旅行で登山したらしい高千穂峰の方角を望みます。しかし、ここから見えるのは手前の御鉢の火口縁です。鞍部の向こうに火口があります。雲が多くて残念です。

f:id:ntaka206:20160928090314j:plain

 

高千穂河原を後にして、えびの高原へ向かい、えびのエコミュージアムセンター(いわゆるビジターセンター)駐車場に着きました。韓国岳(からくにだけ)への登山が出来るかなと思ったのですが、車での移動途中に雨が激しかったため断念しました。その後、雨も上がり韓国岳がなんとか見えました。韓国岳ももちろん火口ですが現在は活動していないようです。この周辺には噴火口がゴロゴロしています。

下の写真が韓国岳です。中央左の鞍部の尾根伝いが登山道になっているようです。あの尾根の向こうに火口があるのでしょう。行ってみたかった、、、

f:id:ntaka206:20160928101513j:plain

 

 解説板を見ると火口だらけです。

f:id:ntaka206:20160928110604j:plain

 

天候が不安定で韓国岳はあきらめましたが、せっかく来ましたのでビジターセンターから3つの火口湖をめぐる2時間弱のコースを回りました。白紫池(びゃくしいけ)、六観音御池(ろっかんのんみいけ)、不動池です。これも昔の火口ですから。

f:id:ntaka206:20160928113250j:plain

 

まずは白紫池です。静かです。

f:id:ntaka206:20160928115836j:plain

 

六観音御池です。写真では良く分かりませんが綺麗な青色でした。

f:id:ntaka206:20160928120007j:plain

 

不動池です。見る角度によってとても綺麗な青色に見えます。

f:id:ntaka206:20160928130706j:plain

 

コースの途中で、鹿に二回も会いました。結構生息密度が高いのかもしれません。

f:id:ntaka206:20160928120936j:plain

 

車を止めたビジターセンターまで戻る道です。えびの高原は広々としていました。

f:id:ntaka206:20160928131042j:plain

この後、北側のえびの市に降りて九州自動車道熊本県菊池市まで向かいました。